全国残骨灰精霊供養

全国の火葬場で荼毘に付された御遺骨のうち、遺族の方が収骨されたあと火葬場に残された御遺骨(残骨)については、遺族の方のお気持ちを慮るにあたり、また、環境問題上からも丁重かつ安全に処理しなければならず、その対応について全国の斎場関係者におかれましては、大変苦慮されていることとお察し申し上げます。

当山にはこうした御遺骨(残骨)を安全に処理したあと埋葬供養するために、平成11年度に自然サイクル保全事業協同組合により「全国火葬場残骨灰諸精霊永代供養塔」が建立されています。そして、毎年9月12日には山内行事である「御開山忌法要」の一環として、全国から多数の関係者ご参集のもと、寺院内全僧侶による法要を営み丁重にご供養申し上げております。

供養塔(納骨堂)用地は墓地の許可を取得しており、完全な防水対策がなされ充分な容量が確保されています。また、境内には広大な土地があり将来的にも用地は確保されています。

(株)タムラ[東京都]

(株)西日本環境[兵庫県]           

(株)ウエストジャパン[静岡県]

小針総合資源開発工業所[山梨県]

溝口産業(株)[兵庫県]

(株)タカミ[静岡県]

お問い合わせは下記の事務局まで!

自然サイクル保全事業協同組合

〒653-0812 兵庫県神戸市長田区長田町7丁目3-2
TEL 078-643-2707 / FAX 078-643-2704